Etsuro1のブログ

関東南部で寝起きする四捨五入して還暦男の、適当な言語の羅列記録・自称乱学者

covid-19

温湿度計は呼吸器疾患の人間にとって目安になる・・・ツツガムシ要注意の季節

抗原抗体反応のスピードっていうのは思った以上に素早い!そういう実感があるんだが、ゆえに、相手がウイルスであっても、特に抗体が用意されていれば相当に素早く抗原に対して免疫は反応するはずである。

副反応あけに呑んだ酒・・・因幡のお酒「純米酒 日置桜 R1BY」

ご自愛に適した酒・・・念のためワクチン接種後しばらくは飲酒を避けたんだが、摂生あけに幾つか呑んだ酒で最も印象的だった酒がコレだ!

夏に酒は熱燗で!・・・パラ観戦は少し冷静に・・・「熟成 丹澤山 純米酒 雄町70 火入 2015年度醸造」

手榴弾にロケットランチャーって、なんじゃそれ?何処から入手出来るんだろう・・・ワガハイは、協会酵母も入手出来ないのにねぇ。

2日前の温暖化問題の続き・・・そして美しき姫君「生酒 純米酒 鶴乃里生原酒 限定酒 2019」

冷蔵庫から取り出した一升瓶は結露していかにもフルーツかの如く、旨そうな表情を見せる。

エアコン・窓周辺の大掃除に手こずる

本日は朝から大掃除だ。リビングのエアコンや窓周辺の拭き掃除で午前中の時間が終わった。この夏、雨が多いからねぇ・・・微妙にカビっぽい汚れがあるわけだ。だからひたすら拭き掃除。そして窓を大々的に開放して乾燥。

ラインホルト・メスナーの本が友人から返されていない・・・長谷川 恒男の本が書棚から取り出せない

ストイック・・・そう言えばそういう世界なのかもしれない。でも、内なる声ってぇヤツだな・・・それを聞いちゃうんだろうな。だから一人山の中で寂しいばかりではないんだろう。それが神かどうかはワカランが

ワクチン接種は鎧を着用した位にはなるかもしれない・・・だが五エ門の斬鉄剣なら切られちゃうねぇ

丁寧に扱ったクルマならば10万キロを超えても大修理をしなくても乗り続けられたりするが、雑に扱ったクルマは5万キロでもボロボロだからねぇ・・・見てくれ良くてもエンジン内部がデロデロだったりするもんだ。

葡萄狩りに行ったのは・・・バケツに入れて潰したい!

数年前、藤沢の引地川沿いをフラフラ散歩していた時に、県立藤沢総合高校の近くにも葡萄園があったと思うんだな。

あるものには崩壊と不足しかない・・・ペルシアの四行詩を部分読みしながら

自宅療養とは体よく言うが野戦病院以下だ。戦場だって負傷すれば軍医がモルヒネ一本ぐらいは打ってくれるかもしれない。抗体カクテル療法なんぞという手法も言われているが、どうせ圧倒的にクスリが足りないんだろう。

お子さんの工作とか自由研究の手伝い?・・・整形外科医は縫い物の日だったと言う

コロナ禍の今、夏休みの宿題に追われるお子さん、そしてお父さんお母さん、自由研究や工作なんかやるならば、十分に注意して下さいね。ちょっとだからと油断すると、怪我しますな。

代表的日本人の一人・・・成田山で見つけた

〈代表的日本人の一人〉とは、おそらく内村鑑三の著作「代表的日本人」のことを指すのだろう。この本は1908(明治41)年に英文著作の「Representative Men of Japan」が初版となるのかな。今、ほとんどの人が入手するものは岩波文庫から出ている鈴木範久氏の…

ファイザーワクチン接種二回目・・・Max. 37.5℃の発熱

朝の体温36.8℃、正午37.0℃、接種後24時間経過で37.5℃。その後、夜まで37.5℃が続く。上腕部の筋肉痛は左上腕部全体であり、痛みは左肩の一部に達する。また、身体各部の免疫ポイントをチェックするかのように、節々や、代表的なリンパ節があると思われる場所…

昨日の小田急線内の事件・・・感受性の貧困は想像力以前の問題

ワガハイの隣の男性が携帯で110番通報している・・・同じ車両には10人に満たない乗客がいたが、女性は悲鳴を上げて前方車両に避難し始めた。ワガハイは一応、華奢ではあるが男なので、バッグを盾に通路中央に立ちつつジリジリとあとずさりしていた。車掌は男…

執拗に記憶する・・・広島・長崎

為政者にささやかな優しさも見当たらない・・・本日、音曲停止ならぬ、画像停止・・・黙祷

金メダルって齧ると美味いんだろうか・・・安全・安心「常温放置ワクチン」?

自宅療養・・・自宅放置・・・猛暑の最中、あまりにも冷酷なお国の対応に、背筋も凍るようだわぃ!これが彼らの温暖化対策の一環ならば、大したもんだわぃ!

T先生(消化器外科)の思い出・・・医者の快楽!

ウナギの内臓・・・面白いコト言うね。人間って同じ顔した人がいないように、内臓も一人一人個性的なんだ。一つとして同じ形をした胃袋はないし、肝臓もない。脳も心臓もそうだ。

行きつ戻りつ「読書時間」この国は沼地とは申すれど・・・パライソとは「北島」の香味であろうか?

「この国はデルタ変異株の沼地・・・政治の根も、既に腐っていたという図」ですかな?まあ、確かに虫歯の治療を放置していれば根も腐り、神経も死ぬ。そうすれば案外、歯も痛くないのかもしれない。いや、既に進行した歯周病で歯が抜け落ちているから、感染…

色褪せて朽ちていくポスター・・・政治家の熟成の証し?

本日は予告。数日に分けて遠藤周作先生の「沈黙」について、気になることをメモしておこうと考えている。で、途中で飽きたら酒ネタで息継ぎをして、また続けようと思っている。

ダンテの神曲(新曲と変換したぞ!)・・・煉獄山のタヌキさん

竜宮城でも鯛やヒラメの舞い踊り、といった描写になる。ナニが言いたいかというと、案外、表現内容が単調である。

暑中お見舞い申し上げます 2021年

テレビ報道はどの局もオリンピックばかりになってしまった。そうして現在起きている深刻な諸問題がマスキングされてしまう、ということはマイドなんだが・・・勿論、新型コロナ感染者の増加と、熱海土石流問題に関する情報は、なんかねぇ・・・?

溜まった雑ネタ緊急放流・・・おあずけが長ければイヌに噛まれるもんです!

重鎮が長~い、長~いスピーチを始めちゃったワケだ。しかも乾杯を前に。お預け状態に耐えられなくて、テーブルのツマミに手を出す人も出てきた。気の抜けたビール、シャンパン風飲料、ぬるくなったウーロン茶・・・もう手酌で二杯目に手を出した人も現れた。

寸足らずでも書いておこう・・・「炭火」はティベリアス湖畔でのバーベキューってコト?

陸に上がると炭火がおこしてあり、その上に魚がのせてあり、パンも用意されていた。つまりイエスさんによるバーベキューだ!

ペ~パ~ドライバ~でゴ~ルド免許所持者・・・梅は酸っぱいが時代は辛酸を味わい続けるだろうなぁ

彼女はペ~パ~ドライバ~でゴ~ルド免許所持者である!既にアクセルとブレ~キの位置理解が怪しい人である。たぶん、ハンドルを右に回すと直進し、まっすぐにキ~プしていると路肩に乗り上げると思っているだろう。あるいは、ハンドルを引くと加速し、押す…

ファイザー・ビオンテックのワクチン接種・・・杉錦の純米吟醸おあずけ

接種敢行!直ぐにスマホで予約サイトに繋いだら・・・集団接種の予約がとれた!

真鶴風景で息抜きをどうぞ!・・・その3「Oui, ça va. 日和山 no さば大師」

階段がアチコチにあって、迷路である。Googleマップでは載ってない道だからなぁ。先ずは「自泉院」というお寺方向に上っていく。そしてそのお寺の前の道を東南東方向に歩くと道は細くなり、更にその先に進んで狭い階段を上ると・・・

ヒヨドリの欲望・・・100均排水口ネット作戦良好!

毎日、早朝に繰り返されるヒヨドリ達の喧噪にウンザリしていた。我家の庭にあるブルーベリーがヤツらの朝食となっているからだ。黙食が推奨されておる昨今、人間さまはストレスに耐えながら控えめな態度で食べているのに、ヤツらは全くコチラの空気が読めて…

二度目の「昇龍蓬莱 きもと特別純米 槽場直詰生原酒 美山錦」・・・Jeremy Clarkson「クラシックカー投資」編

以前読んだ一文を思い出していた。それは英国の自動車評論家?の Jeremy Clarksonさんが書いた「クラシックカー投資」の話だ。

「小池演出」・・・ソレ自爆でしょ!・・・ウイルス流入の砂防学(手抜き工事はしないでね)

庭の地面を拡大して見ていると、なかなか蟻さんのスケールになって見れば起伏に富んだ地形ですな。さすが六本足だけあってグリップはイイですな。人間だったらあんな風には歩けないからな。三点確保でオドオドしながら鎖場だったりするからな。

ま、とりあえず小池東京都知事さん、ご自愛忘れずに・・・昨日の追記あり

雨。梅雨時期なのだから降雨は当然だが、ど~もイイ感じでは降ってくれない。天候は自由にはならないのは当たり前だから、それにあわせて対処していくしかないよなぁ。それでも大昔に比べれば自然災害も攻略してきたとは思うのだが、ど~にもならん時はある…

「桑の実」煮詰めていく過程でコニャックを加える・・・2010年までは

今年は植物たちの展開が早めなので、桑の実の時期も終わってしまったかもしれない。ワガハイより遙かに世代が上の人から聞いたことのある話だが、関東の山里は養蚕が重要な産業の一つだったことから、桑畑があちこちにあった。