Etsuro1のブログ

関東南部で寝起きする四捨五入して還暦男の、適当な言語の羅列記録・自称乱学者

風景・散歩

静岡県小山町の棚田・・・さあ新米の季節だぁ!

標高が350メートルあるので、風は涼しく感じられて高原の秋といった風情だった。冬は寒いだろうねぇ・・・標高の低い平塚や小田原界隈の田圃に比べて寒暖差のある土地で収穫される米だけに、やや米粒が小さいような印象もあるが、噛みしめたときの甘味は強い…

続々:豊島区駒込三丁目・・・大國神社の様子が?

御茶講っていったら「闘茶」なんだが・・・まあ、ご近所交流会的な集まりっていう柔らかい集まりなんだろうか?或いはかつて、この駒込はお茶に向いた良い湧き水があったのだろうか?

続:豊島区駒込三丁目・・・大國神社の様子が?

昨日の当ブログの続きを書かなくてはならなくなった。それは昨日ブログの一番最後に追記した通りの理由だ。〈・・・よくよくストリートビューと衛星画像を見てみると、大國神社の様子が変である。なんか、ワガハイが行った時の境内の雰囲気と違うんである〉。

豊島区駒込三丁目・・・気になった献灯「キノエネ醤油」

十進法と十二進法の第1番目の組み合わせが甲子(きのえね)ということである。暦の上でこの甲子にあたる日というのは60回目で一回りするわけで、物事のはじまりとして重要視されるきっかけになりそうだわな。

咲き乱れる桔梗を思い出し・・・「特別純米酒  國香 雅の粋」「小松菜の煮浸し」「鶏肉とズッキーニのペペロン炒め」

ふと思い出したのだが、静岡県周智郡森町に「曹洞宗 鹿苑山 香勝寺」というお寺がある。「ききょう寺」とも言われる。つまり今、綺麗に咲いているのではないか?ということを思い出してしまったのだ。

「桑の実」煮詰めていく過程でコニャックを加える・・・2010年までは

今年は植物たちの展開が早めなので、桑の実の時期も終わってしまったかもしれない。ワガハイより遙かに世代が上の人から聞いたことのある話だが、関東の山里は養蚕が重要な産業の一つだったことから、桑畑があちこちにあった。

林道散歩でアントニン・レーモンド建築を思い出す

昔の建築家ならばアントニン・レーモンドさん(1888~1976年)設計の木造教会建築なんていうのは、大胆でグサッと響くものがある。まあ、これは教会建築だからコレで良いと思うんだが・・・

外来生物のニワゼキショウ(庭石菖)・・・コーンウォールからナニを持ち帰ってくるのやら?

ニワゼキショウ(庭石菖)アヤメ科ニワゼキショウ属 [Sisyrinchium rosulatum] 撮影:2007年5月14日 神奈川県足柄上郡松田町 空き地と道路の境目・・・道端というよりも空き地側に咲いていたニワゼキショウは、割とよく見かける植物だ。一面がこの植物に覆わ…

夢見てワガハイは生きる!葛飾区「堀切菖蒲園」・・・特別菖蒲料理 4,400円(税込)

穏やかな小雨というのは、風景にも潤いを与えて美しいもんですな。今年の梅雨は、そういう穏やかな梅雨でありますように・・・癒やしの雨ってぇヤツだな。

コウゾの花が咲いたよ~へんな花だよ~ん!・・・予告エドノナツザケ

コウゾの実は甘く、舌に若干ざらつき感が残るが美味で、クワの実はもちろん美味である。ただしクワの実を食べると舌が赤紫色に染まってしまう。そうそう大量に採取することが難しい昨今では、なかなか実現出来ないのだが、コウゾやクワの実でジャムを作ると…

神奈川県足柄上郡中井町のヤマフジ

以上の画像は2010年5月13日に撮影した。今年(2021年)は、昨日の状況を観察するに・・・中井町界隈のヤマフジは見頃であった。2010年に比べて一週間程早い見頃のように思われる。

巨大な粗大ゴミの大気圏再突入・・・タイヤの空気圧は基準値で!

十年前は、平地の散歩ばかりでは脚力が上がらないので、時々、傾斜を求めて林道散歩をやっていましたな。箱根外輪山の林道や、丹沢の林道は相当歩いた。神奈川県の林道は、その大部分がゲートが閉っていて車両の通行が出来ない。

補足・・・目久尻川とコウホネ [Nuphar japonicum]

寒川町で相模川に合流する「目久尻川」のコトについて補足する。この川は横浜から相鉄線に乗ってかしわ台を過ぎる・・・車窓右手に丘が連なり川が流れているが、相鉄線はその川を越えて終点海老名に至る。その川が「目久尻川」である。

酒匂川源流域の思い出・・・イノシシさんとお散歩・猿にはバカにされる

真夏には「モロクボ沢大滝」まで行って涼んだもんだな。仲間数人で行くこともあれば、一人で行くこともあった。何度もイノシシやタヌキと遭遇したが、お互い友好関係を保って争うこともなかった。

酒匂川の源流域は「丹沢山」の仕込み水の雰囲気ってぇヤツだな

久しぶりに西沢と東沢が出合う場所に行ってみた。西丹沢の沢が持つ硬質感を味わいつつ、このところ続けて呑んできた「丹沢山」「隆」の新酒の香味を思い出してみましたな。

藤を望遠で撮る・・・第二東名工事でも大丈夫だった白體不動尊(神奈川県秦野市)

この不動尊の由来は分からない。ま、ネットで調べると・・・先ずは信頼出来る秦野市役所のHPが検索にかかる。 「外来生物|秦野市役所」・・・?

BALCARの光質みたいな・・・リンホフ・マスターテヒニカは何処へいったんでしょうねぇ~

神奈川県足柄上郡大井町「矢頭橋」 大井松田乗馬クラブそばの交差点の春・・・毎春、この鮮やか過ぎる色合いを楽しみにして、この「矢頭橋」交差点を通る。ここは東名高速道路に掛かる陸橋と、県道77号がT字路となっている。ちなみにこの陸橋の上から見る富…

風情・風流・風雅・・・ワガハイは風化かな?

桜の開花 ご馳走を前にお預けを食らっているような感じだろうか・・・花見で騒げない人の心情は。たぶん、風情を楽しむ花見酒ならば、別に感染も拡大することは無いのではなかろうか?だが、果たして風情・風流の心境に至る環境とはどのようなもんでありまし…

「平塚海洋観測タワー」もしくは「平塚波浪観測塔」

この立て看板の内容は・・・海水中に高電圧ケーブルって・・・ちょっと怖い感じ 当ブログ2021年1月16日「高所恐怖症だとチトきついかも・・・平塚高麗山の展望台」でふれた「平塚海洋観測タワー」もしくは「平塚波浪観測塔」と呼ばれる施設のことについて、…

なぜか惹かれる神奈川県の津久井

冬景色・・・これは津久井湖だったな 神奈川県相模原市緑区・・・という住所になる、かつては津久井郡津久井町だったと思うんだが・・・どうも相模原市というのがいまだに馴染めず、緑区?それってどのあたり?という感じですな。ワガハイも古い人間になりま…

発電所美術館はおもしろい空間だったなぁ・・・須川発電所は現役だからねぇ

なぜか惹かれる水力発電所・・・東京電力須川発電所 静岡県駿東郡小山町菅沼というところに位置する、東京電力須川発電所だ。ウルトラマンのロケにも使われたらしい・・・見ていないから情報だけで、全くリアリティはないな。運転開始が1912年12月ということ…

高所恐怖症だとチトきついかも・・・平塚高麗山の展望台

湘南平展望台より 神奈川県平塚市高麗山公園にある展望台から、花水川河口辺りを展望している…の図である。 海面に浮かんでいる物体は「平塚海洋観測タワー」といって「平塚波浪観測塔」とも言うみたいだ。詳しくは神奈川県HPのトップから以下を辿って見よう…

ズが高い山(水戸黄門とは無関係みたい)・・・頭高山(神奈川県秦野市)

頭高山の途中にて 神奈川県秦野市千村という所にある「頭高山(303m)」は、ちょっとしたハイキングに最適と思われるな。小田急線の渋沢駅から歩いて1時間強で頂上に着くだろう。山麓は、四月中旬あたりに八重桜が見頃となるな。そして泉蔵寺というお寺がある…

日常生活圏の中の富士山

さり気なく好きな富士風景だねぇ・・・神奈川県秦野市渋沢線路沿い Etsuro1は、富士山の頂上に立ったことがないのだ。ま、そんだけの体力が無かったわけだ。たぶん、酸素が薄くて呼吸器系や循環器系がアウト!だろう。若い頃も概ね二千メートル半ば辺りでソ…

ちょっとタイム!の冬の散歩道・・・だなぁ

2008年12月16日に撮影だねぇ 画像を貼り付けただけで、操作を誤って公開してしまったな。別に後悔はせんが・・・それで、上画像は2008年撮影だが、場所はたぶん神奈川県西部の開成町の酒匂川の堤を背景にした田圃だな。なんかついでにプラプラしていた時に綺…

時計を忘れた方への貼紙・・・フィールドで色彩探し

い~じゃないですか 「時計を忘れた方 塚原の交番へ届けてあります。」 この画像は2012年頃に撮影したモノだと思いますな。まあ、クラッシュしたHDから救出したデータだからねぇ・・・プロパティからデータの日時を見てみると、データ復活日が記されている始…

神奈川県の中井町というところ・・・

神奈川県中井町の風景だねぇ・・・ 東名高速道路の秦野中井インターとか、中井P.A.なんて言う名前は聞いたことがあるだろうなぁ・・・この町は秦野市と二宮町の間にあって、交通の動線的にもこの二つの町との繋がりが深いと思いますな。えらい昔は軽便鉄道が…

検索にあたり・・・「マッケンジー邸」と「マッケンジーハウス」ではまるで違うからねぇ・・・つづき

ということで、昨日のつづきだな。 静岡旧マッケンジー邸外観その6 静岡旧マッケンジー邸外観その7 静岡旧マッケンジー邸外観その8 静岡旧マッケンジー邸外観その9 ところで、なんで不動産屋さんの名前で「マッケンジーハウス」というのがあるのだろうか?Et…

検索にあたり・・・「マッケンジー邸」と「マッケンジーハウス」ではまるで違うからねぇ・・・

静岡県の静岡市、海岸に近いところに旧マッケンジー邸という国登録有形文化財がある。これはとても美しい建物で、けっこう有名だな。確か、お茶の貿易商の住居だったのかな?ウィリアム・メリル・ヴォーリズ設計で、この人は近江八幡にいろいろな物件を残し…

矢倉沢往還・・・ワガハイは野蛮人のままでいようではないか!

「矢倉沢往還」という古道は、概ね現在の国道246号のルートに近い往来で、その道筋自体、今では途切れ途切れになっていたりするな。それでも所々に「矢倉沢往還」と記された石碑などが見受けられたりして、そこを訪ね歩く人、或いは推定される道筋を歩いたり…