Etsuro1のブログ

関東南部で寝起きする四捨五入して還暦男の、適当な言語の羅列記録・自称乱学者

Richard Ginori がお気に入り

第68回日本伝統工芸展は、今月27日(月)まで、例によって日本橋三越本店 本館7階 催物会場で開催中である。本来ならワガハイは見に行くのであるが、ワクチン2回接種済みでも慎重を期して遠慮することにした。

「5-アミノレブリン酸」ってど~なったんでしょうねぇ・・・「湖池屋プライドポテト 芋まるごと 濃い芋の旨み 食塩不使用」

本日我家の日本酒は、静岡県藤枝は青島酒造の「喜久酔 特別本醸造」という王道の定番酒で御座います。コストパフォーマンス最強クラスの逸品で御座います。

本日はいろいろ放出ネタ・・・「すべてお任せください」

国民全員で「満漢全席」級の大宴会でもやった方がイイ!それが実現できるコトの方が、その国の能力を対外的に示すコトが出来る・・・と思うのは、ワガハイがバカだからだろうか?

ギャバギャバっ・・・ピーっ!

小さな鹿のフン的な形状のチョコレートであって・・・コレって以前、似たような形状のモノを食べたよなぁ・・・などと思いながら

「有害鳥獣駆除実施中」という幟・・・ああジビエ

北朝鮮がミサイル飛ばしているが、ミサイルでは鹿を捕獲出来ないではないか!もっと美味いモノが食えるコトに精進してしまえば自ずと外貨も稼げるし、国は成り立っていくと思うんだがなぁ?

PEUGEOT 308SW・・・あおられても精神的に安定するクルマだったねぇ

運転していると、もう全てに寛容な気持ちになってくる。後部座席にイエス・キリストさんか釈迦さんが乗っているかのようだ。阿弥陀如来か薬師如来かもしれない。

純米吟醸 丹澤山 新生漢方米 ひとめぼれ 100%使用 28BY 秋桜

精米55%の純米吟醸酒である・・・アルコール度数14に調整されていて、日本酒度+6で酸度1.4・・・軽い口当たりの香味傾向であることが分かる。まあ、こういうのもたまにはいいよなぁ・・・と思いながらも、川西屋酒造店のお仕事であるから、ナンかあるだろう…

秋上がり・・・美丈夫 純米吟醸 秋酒

「秋上がり」という言われ方がされていて、新酒の頃には硬かった印象の酒が、一夏越すとまろやかさが出て味わいが開いてくる、というコトを指す。「燗上がり」というのは、燗つけるとまた一層味わい深くなることを指すように、「上がり」というのはイイです…

静岡県小山町の棚田・・・さあ新米の季節だぁ!

標高が350メートルあるので、風は涼しく感じられて高原の秋といった風情だった。冬は寒いだろうねぇ・・・標高の低い平塚や小田原界隈の田圃に比べて寒暖差のある土地で収穫される米だけに、やや米粒が小さいような印象もあるが、噛みしめたときの甘味は強い…

続々:豊島区駒込三丁目・・・大國神社の様子が?

御茶講っていったら「闘茶」なんだが・・・まあ、ご近所交流会的な集まりっていう柔らかい集まりなんだろうか?或いはかつて、この駒込はお茶に向いた良い湧き水があったのだろうか?

続:豊島区駒込三丁目・・・大國神社の様子が?

昨日の当ブログの続きを書かなくてはならなくなった。それは昨日ブログの一番最後に追記した通りの理由だ。〈・・・よくよくストリートビューと衛星画像を見てみると、大國神社の様子が変である。なんか、ワガハイが行った時の境内の雰囲気と違うんである〉。

豊島区駒込三丁目・・・気になった献灯「キノエネ醤油」

十進法と十二進法の第1番目の組み合わせが甲子(きのえね)ということである。暦の上でこの甲子にあたる日というのは60回目で一回りするわけで、物事のはじまりとして重要視されるきっかけになりそうだわな。

記事を振り返ってストーリーを見てみた

写真は年齢詐称状態且つ(喝!)印象詐称である!これはなかなか腕のイイ写真館の仕事であろうか?やっぱり好印象でありたいんだなぁ・・・

温湿度計は呼吸器疾患の人間にとって目安になる・・・ツツガムシ要注意の季節

抗原抗体反応のスピードっていうのは思った以上に素早い!そういう実感があるんだが、ゆえに、相手がウイルスであっても、特に抗体が用意されていれば相当に素早く抗原に対して免疫は反応するはずである。

来年は作ろう“ひもとうがらし”・・・新たな「糖と脂肪の補給所」

トウガラシの類は、シシトウ、伏見トウガラシなんかでもそうだが、時々猛烈に辛い個体がある。ほとんどロシアンルーレット状態であり、これはビビリつつも楽しみである。

追い込みに入った江戸朝顔・・・一所懸命にタネ付けてます

世の中大輪の花というのはもてはやされる傾向が、古今東西あるんだろうが、断固としてどのような花でも、ワガハイは大きく咲く花は好きではない。ヒマワリであっても、だ。

バッタさんの食料を育て・・・スベリヒユ全滅!ああ蕎麦よソバよ!

そろそろ収穫して酒のつまみに、と思い始めていたんだが、食害に遭遇した。犯人は小さなバッタである。ショウリョウバッタであろう。これが数十匹やって来たからどうにもならぬ。追い払っても戻ってくるからねぇ・・・

副反応あけに呑んだ酒・・・因幡のお酒「純米酒 日置桜 R1BY」

ご自愛に適した酒・・・念のためワクチン接種後しばらくは飲酒を避けたんだが、摂生あけに幾つか呑んだ酒で最も印象的だった酒がコレだ!

凄いお久しぶりの山形酒「東光」・・・ものづくりこそ日本の生きる道

ワガハイは子供の頃から織田信長も豊臣秀吉も、徳川家康も好きではなかった。まあ、強いて言えば徳川家康であろう・・・一応まとめたからな。

今後の世界情勢の先行き・・・スーパー・ゲアキルでガトー・ショコラでも作りますかな

「悦朗、日本の外務省は冷たい。国民をファミリーだと思ってないのだろうか?」というのである。ワガハイは思い当たるフシがあった。

PEUGEOT e208・・・ううっ、こりゃあ気をつけないと免許が無くなるわぃ!

プジョー208の電気自動車を試乗することが出来た。2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」受賞というヤツだ。

南千住界隈には美味な珈琲もあれば刑場跡もある・・・なかなか良い苦味も嫌な苦味もある場所だな

「小塚原の首切地蔵」つまり小塚原刑場跡である。鈴ヶ森刑場と並ぶ、江戸時代の刑場は、前者が日光街道沿いに、後者が東海道沿いに位置していた。見せしめの場だからねぇ・・・見せしめという脅し効果である。

鳥越神社の画像が見つかった

浅草橋駅から歩くか、蔵前から歩くか?神社そばには「おかず横町」というのがあって、飲食店もイイ感じのがありますな。

追記・・・代表的日本人の一人「二宮尊徳」について尊徳記念館を見る 2

昨日の当ブログで「二宮尊徳誕生の家」のメンテナンスに関して疑問を書いたが、その後、幾つかの情報を見つけた。小田原市のWeb.情報に「二宮尊徳生家といろり燻蒸について」というのがあったのである。

追記・・・代表的日本人の一人「二宮尊徳」について尊徳記念館を見る 1

貧しい農夫の家に生まれたとされるが、現代の住宅事情を考えると結構な大空間と思われる立派な木造建築に思えるんだがなぁ。だから案外、我々は豊かになっているとは限らないのである。

パラリンピックにやって来た理由・・・銀ブラの次に「千歳船橋」へ行きたかったのかもしれない?

所用で出かけたが、本日の車外温度42℃を記録!帰宅後、暫くヘバっておった。ブログにナニ書くか考えてあったんだが、暑さで記憶が蒸発してしまったみたいだ。何だったっけ?

夏に酒は熱燗で!・・・パラ観戦は少し冷静に・・・「熟成 丹澤山 純米酒 雄町70 火入 2015年度醸造」

手榴弾にロケットランチャーって、なんじゃそれ?何処から入手出来るんだろう・・・ワガハイは、協会酵母も入手出来ないのにねぇ。

2日前の温暖化問題の続き・・・そして美しき姫君「生酒 純米酒 鶴乃里生原酒 限定酒 2019」

冷蔵庫から取り出した一升瓶は結露していかにもフルーツかの如く、旨そうな表情を見せる。

静岡県産の優れものバターとジャガイモ・大和の伝統野菜「ひもとうがらし」

ふ~ん・・・〈8月23日は湖池屋ポテトチップスの日〉なんですか。こういう菓子類(量産品は特に)っていうのはど~しても味を一定にしないといけないみたいで、ナントカエキスだとか、旨味調味料の使用が当たり前なんでしょうな。

エアコン・窓周辺の大掃除に手こずる

本日は朝から大掃除だ。リビングのエアコンや窓周辺の拭き掃除で午前中の時間が終わった。この夏、雨が多いからねぇ・・・微妙にカビっぽい汚れがあるわけだ。だからひたすら拭き掃除。そして窓を大々的に開放して乾燥。