Etsuro1のブログ

関東南部で寝起きする四捨五入して還暦男の、適当な言語の羅列記録・自称乱学者

アクシデントでミートパイ・・・って凄いねぇ

現在、世田谷美術館で開催中に「ピーターラビット展」だが、土日は「いつもより混んでいます」の情報が表示されるグーグルマップに、皆さん、そんなにピーターラビット好きなんだぁ・・・と、ちょっと不思議。

etsuro1.hatenablog.com

ワガハイは、上リンク先でも書いたように静岡市美術館で見ようと考えている。

 

それで・・・ピーターラビットって言えばアクシデント!である。

我家のアクシデントといえば、コレ!だけどねぇ・・・

etsuro1.hatenablog.com

風呂場のアクシデントっていうのも、実はピーターラビットのアクシデントに少し絡めてそのコトバを使ったんだなぁ。

 

ま・・・要するにお父さんがアクシデント(英文表記はaccidentが使われている)でミートパイになっちゃった・・・トホホ、という件のコトである。

「マグレガーさんちの畑に行っちゃダメダメ!」ってぇヤツだ。

 

で・・・ワガハイ的にはそのコトを思い出してしまったので、妙にミートパイが食べたくなってしまったのである。というワケで、我家的に作るならばどのようなミートパイがいいだろうか?と、少し調べていたら参考になりそうなレシピが見つかった。

ケベック風ミートパイ | レシピ一覧 | サッポロビール (sapporobeer.jp)

サッポロビールのサイトっていうところも印象がいい。ワガハイの趣味的なコトだが、アサヒビールに比べればサッポロビールの方が圧倒的に好きだからねぇ。

さて、このサイトに書かれたレシピの中で、水を加えるところを白ワインにして、薄力粉はもう少し多めに使って生地は多めにした方が良さそうだなぁ・・・と考えていた。セージも、もっと多めの方がいいだろうなぁ、とも思っていた。

補足(2022年5月17日)・・・生地にサラダ油を加えてそぼろ状になるまで混ぜるという元レシピだが、我家的にはオリーブオイルを用いた。

 

それで薄力粉を買ってきて、その気になればいつでも作れるように材料を揃えていった。そしていよいよ挽肉を用意したところで・・・妻にミートパイ計画を話したところ、猛烈にやる気になってしまってワガハイの出番が無くなった。

が・・・生地作りはワガハイの方が圧倒的にノウハウがあるので、要所はチョットだけ手を出した。妻のやり方ではグルテンが出過ぎてしまうからだ。そして案の定、彼女の加えた白ワインの量は少し多かったなぁ・・・まあ、食感がやや重くなるだけだけどね。

変形ケベック風ミートパイ

こういう時に限って、オーブンの調子があまり良くなかった。日立製のオーブン電子レンジである。思えばもう10年使っているんだなぁ・・・家電製品の寿命は概ね10年っていうからなぁ・・・なんかテレビの調子もイマイチになりつつあるんだよなぁ・・・一気にアレコレ壊れる時期が来ているんだろうか?

というか、やっぱりオーブン電子レンジでは熱量不足だなぁ・・・ああ、畑に囲まれた一軒家に住んでいるならば、やっぱり庭に石窯築きたいよなぁ・・・と思ってしまう。

 

でもまあ、ナントカ作ることは出来て、美味しい夕食となった。ワインは知人から頂いたコストコで売られている南アフリカの赤ワインだった。まあ・・・ワインは、ふつ~によくある南アフリカカベルネソービニョンってなものだった。特筆すべき香味世界は無かった。

 

ミートパイ・・・あと数回作れば完成度はかなりイイ線に行くんではなかろうか?もっと軽いパイ生地に仕上げられる筈だからなぁ。