Etsuro1のブログ

関東南部で寝起きする四捨五入して還暦男の、適当な言語の羅列記録・自称乱学者

藤の開花もカウントダウンだな・・・論語でちょっとボブ・ディラン入れてみましたぁ!

f:id:Etsuro1:20210330111328j:plain

藤 2021年3月30日撮影

黄砂がやってきている。今のところ神奈川県湘南エリアでは大丈夫かもしれないが、なんとなく怪しい空色と遠景の見え方だな。今朝、テレビの天気予報ではしきりに喘息やアレルギー性鼻炎の人に注意喚起していた。

ワガハイ的には花粉以上に手ごわい黄砂・・・出かけずに家に籠もって空気清浄機全開運転、というのが一番安全だ。しかし、そうも言ってられない。それでクルマ利用ということになる。それはクルマに装着された花粉フィルターの性能が良いからである。

以前のクルマに比べて、現在乗っているクルマは元々フィルターの性能が高かったが、更に純正部品のフィルターの性能が向上したらしい。ゆえに、このクルマの車内ではマスクをする必要はないのだが、問題は乗り降りの際や、衣服に付着した花粉がある。ゆえに、念のためにマスク着用で運転している。発作を起こしたらダメージは大きいのだから。以前はマスクをしているとイチャモンつけられたこともあったもんだが、時代は変わったな。

 

先日フィギュアスケート羽生結弦選手が喘息で・・・世界選手権3位というニュースがあったが、喘息もちだったんだな。ま、ワガハイはフィギュアスケートという競技があまり好きではないのだが、人生において一度だけ目の当たりに見たことがある。なんであのスケート靴で、あのスピードが出るの?そして、ど~してツルツルの氷上に着地出来るの?あんな過激な競技を、喘息発作でやる?やっぱりアスリートというのはバケもんじゃあぁぁ!

ところで競技がおこなわれたストックホルムでアレルギーとすると・・・アレルゲンはなんだろう?まさかスギ花粉ではないよねぇ・・・食べ物系かな?食べ物は紛れ込むことがあるからな。

 

ストックホルムと言えば・・・シュールストレミング!ああ、プロピオン酸、硫化水素酪酸、酢酸・・・ スエーデンの人が皆、シュールストレミングを好むわけではないらしい(そりゃそうだろう・・・日本だってクサヤは大概は嫌われている)。でもねぇ・・・時代は変わる。疫病の収束後にはナニが起こってもおかしくはない。日本ではクサヤが大ヒットするかもしれない。価値観は流転するからな。

シュールストレミングやクサヤの臭気物質。

f:id:Etsuro1:20210330121048j:plain

我家の庭・・・いろいろ咲き出したな

厚生労働省の職員23人が、夜の銀座で送別会を楽しんだソ~ダ。彼らはクサヤを食べたんだろうか?彼らの行いに比べれば、クサヤの匂いは香しき吟醸香であるな。

 

一 子曰く、政を為すは徳を以てす。譬うれば北辰の其の所に居りて衆星之と共にするが如し。論語 為政 第二)

 

「政治家や官僚は、人々の模範となる徳人でないと人々がその徳を慕って集まってこね~ぞ!北極星を中心に星々が集っておるようにな。」っていうような意味合いだろう。論語に書かれておるということは、大昔から問題多き為政者たちがおったという証であろう。昔から変わらない、政治という世界なんじゃろう。

送別会をやっている最中でも、世の中は尋常ではないことが更に悪化しておる。じわじわとシミが拡がるように。どうか余計なことはせずに間口は開かれておるように願う。為政者の欲望の陰で疲れ、怒り、嘆き、そして諦めが、結局一番守りたいものを潰していってしまう。二階に居たものは一階に下り、一階に居たものは二階にあがる・・・時代は変わっていくからな。