Etsuro1のブログ

関東南部で寝起きする四捨五入して還暦男の、適当な言語の羅列記録・自称乱学者

二言三言でマスクはズリ落ち・・・鼻の穴が出てきてしまう ∴ 下あごのシェ~ビング

f:id:Etsuro1:20201222170104j:plain

冬至を過ぎて日照時間が伸びる・・・実感はまだ得られないな

毎年同じことを思う・・・冬ってこんなに寒かったかなぁ、と。そんなことを言っては寒冷地にお住まいの方々には軟弱者と言われてしまうだろう。関東南部に住んでおって何を言うか!と。それでも毎年、冬は乗り切れると思えたんだが・・・この冬はちょっとハードルが上がった感じがするな。

コロナ禍で普段と異なる年末年始の過ごし方っていうのが要求されているが、これは人によってはとても寒々しい正月を過ごすことになるだろう。Etsuro1の子供の頃は「人間辛抱だ」と大人から言われたもんで、「辛抱強い」ということは美徳とされていたはずだ。だが、いつの間にか「我慢」とか「辛抱」という言葉は美徳とはされてない感じになったな。

「我慢」や「辛抱」ということが打ち捨てられたように、モラルということも何だか分からない時代となったようだな。政治家の判断と実行の遅れってぇのは、そりゃあ「日本」という国も巨大な艦船であろうから、いきなり舵を切ったところで俊敏に世の中が反応するというわけでもないだろうな。ブレーキをかけても急ブレーキは効かないのかもしれない。ならば、そうした大艦なりの操縦法ってぇのもあるだろう。タンカーの船長に学んだ方がいいかもしれないな。

「我慢しない、成熟を拒否する時代」というようなことを書いた記号論者が、かつていたはずなんだが・・・「死を記念する」ことと対である「生誕を記念する」という週間にあって、Etsuro1は憤慨しながら某政治家の表情をテレビ画像から窺う・・・

永田町に死体の山が積みあがっている!と思うべきなのだ。

 

本日、ある画像の瞬間に憤りを覚えたんでねぇ・・・

その憤慨の際に思い出した言葉を、こうして我慢せずに記録しておこう。

 

さて、お題「#買って良かった2020 」・・・それほどウキウキのアイテムなどないな。でも、今年買った神アイテムは?というHatena Blogのお題に関して言うなら、まさしく神アイテムは・・・マスクだ!

入手困難な時もあった・・・手作りマスクになった・・・そしてマスクの感染予防効果はハッキリとしてきた。社会的にもマスクに振り回された一年であったな(まさしく神には振り回されるものであろうな)。

 

それで・・・マスク装着の正しい状態を維持する一つの方法について。

マスクをした状態で話をすると、マスクがズリ落ちていくということは多くの人たちが鬱陶しいと思っていることの一つだろう。Etsuro1は髭が濃い。そこで下あごの髭ソリが不完全だと、髭がマスクの繊維に引っかかって強力なスパイク効果を生じさせることが判明した。この状態で話をすると、二言三言でマスクはズリ落ち・・・鼻の穴が出てきてしまう。残念ながら鼻のアタマには髭が存在しないので引っかかるところが無いからな。ということで、特に念入りに下あごのシェービングをしっかりと行うと、案外マスクはズリ落ちにくくなるな。これは勿論、個人差が大きいことだとは思うが、髭の濃い人は一度試してみてもいいかもしれないね。

 

それにしても、ど~してズリ落ちるとかズレ上がるという話になるんだろうな?

 

※[2020年12月04日 回転する靴下とズレ上がる長袖アンダーウェア・・・とどめはズレ落ちるジーンズ]のこと。

追記:先日まではATOK利用だったが、どうも勝手に変換で意図しない誤植が発生していたので、本日はMicrosoft IMEを使ってみた。これでどうだろうか?しばらく様子見であるな。