Etsuro1のブログ

関東南部で寝起きする四捨五入して還暦男の、適当な言語の羅列記録・自称乱学者

とても小さな庭にて・・・その5

f:id:Etsuro1:20200416183357j:plain

ブルーベリーは花盛りなんだが・・・

ぱっと見、きれいなブルーベリーの花だなぁ・・・と思われるかもしれないが、よく見ると花が無くなっている部分があるんだな。これはどういうことなんだろう?

犯人は”ヒヨドリ”であります!

もう、ヒヨドリの餌場と化しております我が家のブルーベリー・・・防鳥ネットをかけたこともあったんですがねぇ・・・僅かな隙間から奴らは侵入して・・・

ヒー、ヒーーーーッ!などと声だかに興奮を抑えられず・・・実にうるさく、腹立たしいのだが・・・Etsuro1が庭に出て、追い払おうとしたところ、奴は敵意むき出しの目線をこちらに送りつつ、叫び続けるのだった。奴らは所有権を主張しているようであった。こちらはジリジリと間合いを詰めつつ、強力な眼力を飛ばしているのだが、奴は若干後ずさりするものの、目を逸らそうともしない・・・なかなかに気が強いですぞ!ヒヨドリに怯むというのは、人類全体のプライドに関わると思われる重大局面であろうな。ということで撃退に向けて頑張るんだな。ほぼ50cmまで間合いを詰めて、すかさず「ワッ!」と脅してみた。逃げたね。

まあ、ヒヨドリってぇのは、先が読めないんだな。放っておけば花を食べつくしてしまう。それで奴らは実は実として食べるんだが・・・つまり、花と実の関係が全く分かってないんじゃないかね。とにかく目の前のものをむさぼり食う、というわけだな。花を食べることに関して禁欲すれば、大きな収穫を得るということが分からないまま、毎朝ブルーベリーの花をめがけて飛んでくる。そしてEtsuro1に如雨露で水を浴びせられたり、Etsuro1に気付かず、むさぼり食うその後ろ姿の、ちょうど尻あたりを園芸用支柱の先端で軽くツンツンとされても懲りることなくやってくるんだな。まあ、それだけ花が美味いんだろうな。

ひょっとしたら、Etsuro1はヒヨドリにナメられているのかなぁ・・・