Etsuro1のブログ

関東南部で寝起きする四捨五入して還暦男の、適当な言語の羅列記録・自称乱学者

因果関係・・・機を逸してしまった甲斐駒ヶ岳

小さな街の路地裏にある小さな居酒屋、カウンター10席の店内には常連さんが入れ替わり立ち替わり・・・といった雰囲気?当ブログはそんな感じのアクセス数である。だが昨日は「宝くじ」のコトを書いたので?少し立ち寄られた方々が増えたみたい?

etsuro1.hatenablog.com

朝食が珍しい双子卵の目玉焼きだったから、そういうコトをはずみにしないと重い腰が上がらない。宝くじを購入っていうのも何らかのはずみがないとねぇ・・・それで購入したから当選する場合もある、というワケだな。宝くじに当選する秘訣は、1枚でも購入するコトだからねぇ。買わなければ確率にも入らない。

当選に直結する努力はないから、その努力の矛先は博打の神頼みだったり、カツ丼を食べるコトだったり・・・いろいろと、そういったコトに頑張るのだな。人間という動物は、子供の頃から努力は美徳として教育されているから、なんの因果関係のないコトにでも努力をせずにはいられない・・・のかな?

茶柱が立つと縁起が良い・・・なんていうのも、それで一日頑張ってみようと勢いをつける切っ掛けのようなものだろう(高価な茶だと茶柱が立たないから、朝の一杯は棒茶を良し!とした祖父だったなぁ)。

しかし・・・直ぐに宝くじの結果を調べないワガハイは、調べるのも腰が重い。

 

ナニゴトにおいても、腰を上げるには切っ掛けがほしい。それがストーリーの立ち上がりでもあるから。

風が吹けば桶屋が儲かる」と言うように、ナニがど~繋がっているかワカラン世の中だからねぇ。もっとも人間という動物は、どこまでもストーリーで辻褄を合わせて記憶を成り立たせているように思うから、後付けでも因果関係をでっち上げておかないと気持ち悪いのだろうアルツハイマーになった父は、ちぐはくな記憶を無理矢理つなぎ合わせてでも、自分の世界観を維持しようとしたから、そういうもんなんだろう)

 

ポーランドに飛んできたミサイルによって死者が出てしまったことも、ロシアが撃ったのかウクライナが撃ったのか、という二択の話になっているようだが、ポーランドに対しては誤爆という意味に話しは収まっているように、一応は見える。

だが、穿ったストーリーを考えれば、旧型ロシア製ミサイル(ウクライナ軍が用いているものと同型)をロシアが用いて状況の錯乱を狙った作戦?っていうコトだって無いとは言えない。だいたい陸続きの国境付近で争えば、ナニガシカが飛んで来る確率は高いだろう。

調査でミサイルの破片からシリアルナンバーが見つかれば、という報道もあった。だがシリアルナンバーだって偽装や消し去るコトも不可能ではないだろうし・・・もっとも消されていたら怪しさは倍増だが。

ま、穿ったストーリーでは確証がないから、ロシアをいらだたせるだけだから言わんコトにしておこう・・・というコトか。双方、あるいは世界全体に都合の良いストーリー(それは逆の場合もあり得るけど)が見つかれば、戦いは終結するようになる??

 

戦争だから、ミサイル一発撃てばどこかが儲かるんだろうねぇ。桶屋の話しよりも単純だろうな。

 

甲斐駒ヶ岳鳳凰三山が見える!

上画像は、山梨県甲州市勝沼町丸藤葡萄酒工業(株)の駐車場から撮影した。というコトは行ってきた!何度も伺っているにもかかわらず、霞んでいたり、曇りや小雨といった天気が多くて、これ程遠望できるのはワガハイ的にはお久しぶりだった。

勝沼って、晴天率が高いと聞いたケドねぇ。

それで、ワインを購入してクルマに戻り、しばらく景色を眺めていた。

 

遂に我が人生、甲斐駒は登りそびれたなぁ。独身時代、甲斐駒登山を計画したが、台風で中止して以来、登る機を逸してしまった。もう、身体能力的に登山は不可だな。でもワインは呑める!ヨカッタ。