Etsuro1のブログ

関東南部で寝起きする四捨五入して還暦男の、適当な言語の羅列記録・自称乱学者

田圃はもう「ひこばえ」・・・静岡県小山町の田圃風景

稲刈りは終わっていた

案の定だが、稲刈りは終わっていた。当ブログ以下頁で書いた田圃の、昨日夕方風景だ。

etsuro1.hatenablog.com

平塚や小田原界隈の田圃でも収穫が始まっているから、静岡県小山町や御殿場の田圃は、もう全ての稲の収穫が終わっていてもおかしくはない。それは、標高が高くて平均気温や水温が低いから、植え付けも早いからねぇ。

ひとつ上の段の田圃

収穫はコチラの方が少し早かったと見える。既に刈ったあとが緑になってきている。これを「ひこばえ」と言ったりする。漢字で書くと・・・

あまり書く機会がない文字だから、ワガハイは覚えていない。つまり書けない。

だが、この「ひこばえ」というのは一般的に言われはするものの、正式には・・・

これ・・・ナンて読むの??普通になんの抵抗もなく読める人って少なくない?

ひつじ

ひつち

ひづち

と読むらしい。

いやぁ~、「ひこばえ」って言うのは子供時分から聞くが、「ひつじ」っていうのは聞いた記憶がないなぁ。地域性もあるんだろうか?ディープな稲作地域だと「穭」ってコトバを日常的に使うのだろうか? 

ま、単にワガハイの語彙力の無さに過ぎないのかもしれない。

 

語彙力が無いからといって、コトバ少ない静かな男ではないトコロが、ど~なんでしょうねぇ?

標準ズーム最大倍率で彼岸花

土手に咲いている赤い花は彼岸花だろう。間もなく秋分だ。

彼岸花を撮影するために田圃に立入り、畦を崩す人がいた・・・なんていう話も、ここではないが神奈川県内で聞いたコトがあった。写真(カメラ)マニアっていうのは、自分の撮りたいアングルの為に後先考えないで行動してしまう人が、残念ながらいるからねぇ・・・話題になるのは「撮り鉄」だけど、風景撮影でも富士山を前に三脚の放列で、普通の観光客の方々の邪魔していたりしてねぇ。

マニアっていうのは、度が過ぎると社会性を見失うので・・・それがまたマニアたる所以ではあろうが・・・。ワガハイはマニアではないので、田圃には立ち入らない。

道路反対側の一角は・・・まだ収穫を終えてなかった

今朝は台風14号の影響で、時折強い降雨がある。収穫を終えてない・・・収穫期に微妙に達していない品種など、倒伏被害が出ないと良いが。

お米は主食!消費量減っているとは言っても、不作だと大変だから・・・どうか無事に収穫が終わりますように。

違う田圃の様子

ココは以下リンク先にある撮影場所の、昨日風景だ。

etsuro1.hatenablog.com

刈り入れ済みとこれからの田圃が混在していた。ここで田圃を眺めていたら、ワガハイが怪しい男に見えたんだろうか?軽トラのオッサンが横目でジロジロ見ておった。田圃の風景が綺麗だなぁ・・・と、その風景に価値を見いだしてナニが悪いんじゃあ!

平地に広がる田圃と違って、棚田になっていると、コレはまた尚更イイ感じの風景なんだけどねぇ。

カメラを少し右にパンすると・・・

斜面に灌漑用水路が見えて、東名高速道路上り車線の橋が見える。その橋の袂あたりで馬伏川と鮎沢川が合流している。そういうワケで、地形変化に富んだ場所にある棚田だから、なかなかの絶景になっている。

本当に東名高速の脇なんだけどね。

まあ、ここもカメラの放列になっては迷惑だけど、チョロッと立ち寄って一息ついて・・・ってな感じだったらイイんじゃない?御殿場プレミアムアウトレットからもそう遠くないので、田圃風景がお好きな方はたまらないんじゃなかろうか。

 

稲が実って、その背景に富士山・・・っていうキメキメ構図が狙える場所も御殿場にはあるけれど、今年もワガハイが御殿場界隈に出掛けた時には、いつも富士山は雲の中だった。まあ、そのうちに、そういう写真が撮れるコトもあるだろう。

さあ!いよいよ新米だな。