Etsuro1のブログ

関東南部で寝起きする四捨五入して還暦男の、適当な言語の羅列記録・自称乱学者

ムジナ応援用・不遇なタオル「綿・ポリエステル・中国製」

f:id:Etsuro1:20210924094805j:plain

オリンピック・トーチリレー応援タオル Ver. KANAGAWA

某個人商店で買物した時、上画像のタオルを一枚もらった。店主によると、聖火リレーの応援で振り回すタオル?だったんだが、中止になったから配るタイミングを逸してしまったらしい。で、この夏のいろいろを整理していたんだろうか?コレを店でず~っと抱え込んでいても仕方ないので、常連さんに配っているというコトなんだろう。

オリパラ、いろいろ反対しようがやっちゃいましたな。

やっちゃえ!日産・・・ならぬ、やっちゃえ!オリパラ!でしたなぁ・・・

ま、やれば感動的な場面はあるに決まっている。そして終えて総括すれば「成功!」っている公式見解が出されるに決まっている。失敗だった、なんて当事者は口が裂けても言わないだろう。でも、この状況とタイミングで冬のオリンピック誘致に夢抱くトップの明るい表情に、やっぱり不思議な方だなぁ・・・と思いましたな。それもまた多様性なんでしょうな。宇宙服着て船外活動したあと、そのまま大気圏に突入しても生還出来るような人達かもしれないからなぁ。

 

我家は朝からゴキブリ騒動が勃発した。玄関から小さなゴキブリが侵入し、見失ったと妻が形相を変えている。今のところ何処に潜んでいるのか確認出来ず、ゴキブリホイホイを仕掛けて待つのみ。イノシシの駆除も基本は罠仕掛けて待つのみ・・・ただ、イノシシは鍋になってもゴキブリは食えないなぁ。ここでも圧倒的にイノシシの優秀性がわかる。イノシシの存在は極めて有益なものであり、有害鳥獣ではなかろう。

ワガハイは上画像のタオルを小さく振って、妻のゴキブリとの対戦を陰ながら応援しようと企んでいたんだが、直接対決が見られなかったので、応援タオルの出番はここでも挫かれた。なんかねぇ・・・因縁って言ったら大袈裟だが、ちょっと不遇なタオルだなぁ・・・。

 

自民党総裁選の様相も、連日の報道を見る気にもならず、ただ、4氏の語る内容は全て自民党内の言葉であり、一人一人は党内の混乱と些末さを暴露してしまうコトになっているな。言い方変えれば、それを多様性というのだろうか?まあ、大同小異とも言えぬ程に「同じ穴のムジナ」の証明ですな。

改めて「ムジナ」=狢・・・アナグマ、タヌキの俗称。化かし合う妖怪のイメージ・・・なんかイイ感じにピッタリな永田町界隈は、狢の巣窟ですかな?そう考えると少しはなんだが楽しくなってきた。鬼太郎に妖怪退治をお願いしたいもんだ。

まあ、〈国民の人気と永田町の人気は一致しない・・〉とは、あるテレビ番組で田﨑史郎さんが語っていたコトだ。ナルホド・・・一般国民と狢では価値観が異なっていたとしても、何ら不思議なコトではなかろう。だから世間評とは異なる結果になる可能性大ってぇヤツだな。

自民党員でもないワガハイは、応援の意味もな~んもないんだが、不遇なタオルの使用法のひとつとして、このタオルを振って気持ちだけ応援しましょうかな?

 

いろいろ不遇なモノゴトというのは起るもんだが、今度はどんな不遇物が出てくるのやら?タオルぐらいなら使えるからまだイイんだが・・・アベノマスクよりは比較にならぬほど優れものではあると、思うんですな。冷蔵庫から取り出した酒瓶の下に敷いておけば、結露でテーブルが水浸しになるコトを防いでくれるからなぁ。

案外、今度の総裁という存在そのものが最も不遇なコトになって行ったりする・・・のかもしれない?いや?ソレを望んでいる方々にとっては不遇などではあるまい。例え掛け蕎麦でも盛り蕎麦でも正面から受け止めて、食い過ぎたなら吐けば良いではないか!