Etsuro1のブログ

関東南部で寝起きする四捨五入して還暦男の、適当な言語の羅列記録・自称乱学者

江ノ島への行き方・・・酒飲んだら即刻 国外退去!だぁ~

f:id:Etsuro1:20210616104507j:plain

江ノ島 撮影:2006年6月19日

江ノ島への行き方だが、電車利用の場合は小田急線の「片瀬江ノ島」駅か、江ノ電の「江ノ島」駅からというのがフツ~だろう。そして「江ノ島弁天橋」を歩いて渡るワケだ。だが、お勧めの方法がもう一つある・・・それは「藤沢」の駅から歩くという方法だ。まあ、だいたい一時間程度で歩ける。藤沢駅の南口から適当にあるいて「境川」沿いを下って行くのである。

まあ、もっとマニアックにやるなら小田急線の「藤沢本町」下車で、「清浄光寺遊行寺)」などに立寄りながら「境川」を下って行くというのもある。「藤沢本町」は、その名の通りに「藤沢宿」だったところだから、僅かだがその名残はある。「舩玉神社」というのを探してほしい。かつてそこまで船が入っていて、小麦ナンゾを千葉県の野田まで出荷していたらしいからなぁ・・・ま、藤沢の畑で収穫された小麦が野田に運ばれて、醤油になっていたんだな。

そんなことに思い馳せながら、旧東海道から鎌倉への道でもあった通りを歩きながら、境川の都市河川化された流れを見つつ、東海道線の踏切を渡って江ノ島を目指すワケだ。まあ、このあたりの詳細についてはあらためて書きたいと思う。で、このルートの醍醐味は、海が近づくにつれて海の気配を感じられるようになってくることだ。潮の匂い、ウミネコ、上げ潮で逆流する川の水といったことだな。そういうのが面白いと思われる方ならば、なかなかお勧めですな。

 

さて、本日言いたいことは観光案内ではない。上画像の賑わいは2006年のものだが、思い出すととても暑い日だったねぇ。その日は片瀬浜でコンビニの握り飯を昼飯としたんだが、上空から様子を窺っているトンビの野郎の襲撃に備えて傘をさして、それで食べましたな。それでもヤツらは狙ってくるので傘で防御していましたな・・・?

 

例によって話題が脱線!

元に戻す。

 

緊急事態宣言だろうがまん延防止だろうが、もう我慢ができませ~ん!というコトになってきた。そりゃあ、そうだ。オリンピック選手に毎日検査を義務づけて罰則規定まで設けて競技を続行するというのなら、居酒屋で飲酒飲食を希望する方々にも毎日検査を無料で行なって、まあ、何らかの罰則規定も設けて飲酒を続行出来るようにすべきである。これもまた平等というものだ。

さて、スポーツと飲酒と、どちらに社会的な利があるのかは断面の切り方次第だ。これだけ自粛で「酒」をやり玉にしたという、好意的に捉えれば社会的実験において、「酒」の効用というのは相当にハッキリしたと思うんだがなぁ。経済は、「酒」なしでは回らないのよなぁ・・・手指消毒もアルコールなら、社会の循環もアルコールなんだな。醸造の神・・・西欧ならばバッカス!日本的には松尾様!やっぱり御神酒なんですよ。

f:id:Etsuro1:20210616111728j:plain

江ノ島のテッペンの先は人が減る

江ノ島サムエルコッキング苑」から先に進むと下り階段になる。「岩屋」に向かうルートだが、その階段の途中に数軒の飲食店が軒を重ねる。「魚見亭」「富士見亭」「見晴亭」だ。ま、どの店も海の眺望が素晴らしく、そこで魚介を頂きながらビールでも飲めば、江ノ島は竜宮城である。海風が心地よいどころか、ちょっと強いこともあるような換気を超越した換気の良さ。これで感染が防げないならば、ど~にもならない変異株ってぇヤツだろう。そんな変異株が出現したら、人類は滅亡するだろう、というような条件である。

ま、そんな換気条件の良さげな店での飲食も、充分に気をつけなくてはならない状況ではあろう。昼間から「見晴亭」にでも入って、晴天の海景など眺めながらビール飲みつつしらす丼で〆、っていうのを、やってみたいねぇ・・・なんて書いちゃうと、お客が殺到したらいかんな(まあ、当ブログは大した閲覧数ではないから影響は無いかな)

問題は、まん延防止・・・で、ここ江ノ島でも酒類の提供はアウトなんだろうか?飲み過ぎはいかんな。店の環境が大丈夫でも、帰り道で問題を起こすということもあり得るか?人によっては破目外すか?

 

それがオリンピックの入場数制限にも絡んでくるな。いくら人数絞っても、会場では密を避けられても、道中が問題だ。結局はワクチン接種がマダマダな状況では、自制は避けられない。更に言いたいのは政治家の皆さんは、もっと自制すべきじゃないかいのう。

ま、これだけ国民に酒類を自制させているんだから、間違っても来日するIOCの小川さん達に、よりによってグランクリュ(GRAND CRU)!ナンゾを提供せぬように。あなたたちに飲ませる酒は、この国にはない!と、いいたいワケだ。彼らが旨酒呑んだのがバレたら、ちょっとワガハイは怒るねぇ。酒飲んだら即刻国外退去!というルールを「東京五輪プレーブック」に加えてほしいもんだ。

 

ま、感情論ではあるが、感情は重要なコトだ。なぜなら人間という動物は、感情の動物でもあるからな。