Etsuro1のブログ

関東南部で寝起きする四捨五入して還暦男の、適当な言語の羅列記録・自称乱学者

藤は生活の一部ですな・・・ヨーグルトメーカーのツボってぇヤツもあるだろうねぇ

お題「#新生活が捗る逸品」

PCを起ち上げて、MIcrosoft Edge冒頭に出てくるMicrosoft Newsは、ザッと眺めれば便利なものだ。昔は鬱陶しかったこの画面も、考えようによっては自分では積極的に得ようとはしない情報を、見出しレベルでも得ることが出来る。紙媒体の新聞よりも雑多な情報が多いということも、面白いことがある。だが、こんなのは逸品ではないからねぇ。

〈コロナ禍で生まれた新しい「不安疲労」って何?腸ツボを紹介 ananweb 2021/04/14〉Microsoft Newsより

コレなんかタイトル見ただけで内容が見当ついてしまうという分かりやすさ、だな。そして腸ツボといえば・・・「中脘(ちゅうかん)」「天枢(てんすう)」「大巨(だいこ)」だが、これらヘソの周辺のツボを押すという常套手段のことが概ね紹介されておる。確かにコロナ禍のお陰でまた一つ・・・どころか、今まで経験しなかった様々なストレスを抱え込むことにはなったわな。

ストレスで消化器系の不調が現れるというのは典型だろうなぁ・・・ワガハイも、若い頃はすぐに胃痛や下痢になったんだが・・・それで、不調になりそうな予兆を感ずるとサッサとツボ押しをしましたな。足裏のツボ押しが多いんだがね。「中脘」「天枢」「大巨」は、ワガハイにとってはちょっと効き過ぎるんだな。

そこで、新生活なのか旧生活なのかはともかく、生活が捗るには不調の回避が前提。我家では昔に発行された

「クロワッサン特別編集版 体のツボの大地図帖 マガジンハウス」

が書棚の目立つところに置いてある。これは常備薬のようなもんだな。つまり、ツボに関する書籍を一冊常備しておく・・・これは逸品ですな。勿論、ウェブでツボ情報を得ることも出来るんだが、ツボ本の肝要なページに付箋を貼っておけば、まさに常備薬の一つのようなもんだ。

まあ、こんなことを勧めると薬事法というのがあるからねぇ・・・断りは入れておかねばならない。ワガハイはツボの専門家ではないし、ただ経験談を話しているに過ぎない。そして常備薬のようなもん、と言っているに過ぎず、書籍は薬ではないからねぇ・・・ここは入念に説明しておかないといけない。そうしないと、不調な時にツボ本の該当ページを煎じて飲む人がいたら困るからねぇ・・・そんなことしちゃ、ダメよ!

 

そしてもう一つお勧めなのは、やはり腸の問題に絡んでくる・・・腸活の基本であるヨーグルトだ。我家がヨーグルトメーカーを購入して11ヶ月が過ぎ、毎日充実したヨーグルト摂取環境になっておる。その結果は毎朝結実しておる!

まあ、こういうのも個人的な体質との兼ね合いがあるからねぇ・・・一概には当てはまらないだろうが、ヨーグルトが体質に合うならば、ヨーグルトが大好きならば、ヨーグルトメーカーがあると良い。

これは経済的にペイ出来るか?なんていうコトではない。我家ではブルガリアヨーグルトが体質的に合うので、これを用いる・・・それを種にして様々な牛乳でヨーグルトを作る・・・言うまでもなく、使う牛乳によって出来上がったヨーグルトの風味や食感は変わってくる。すると好みの風味が分かるので、使う牛乳も決まってくる。そうなるとご本家のブルガリアヨーグルトよりも美味なヨーグルトということになってくるんだな。

ヨーグルトメーカーがあると仕込みの手間も楽だ。これはお勧めの逸品ですな。ワガハイはアイリスオーヤマの機種を使っておるが、簡便でよろしい。ただ、カスピ海ヨーグルトのモードは、デフォルトの設定では時間が足りない感じがする。でも、ブルガリアヨーグルトが体質に合っているので、わざわざカスピ海ヨーグルトを作らなくても良い。ま、参考までに当ブログの以下リンクも参照されたし!有意義なような無意義なような、得体の知れない情報が書かれておる。

なお、当ブログはアフィリエイトはやっておらんのでアイリスさんとの忖度などないからねぇ。

etsuro1.hatenablog.com

etsuro1.hatenablog.com

 

さて、本日の藤だ。

f:id:Etsuro1:20210415113034j:plain

2021年4月15日の藤

房の先端部分の花はまだ綺麗だが、先に咲き始めた房の元の方の花は散り始めている。花の香りは弱くなり、天候の状態(本日は気温が低い)の影響もあるとは思うが、蜂の飛来はない。

草花を育てて眺めるコトで癒やされたり、楽しめるならば、趣味の園芸は生活が捗る逸品・・・というか、これはもう、生活の一部ですな。逸品というようなものではない。でも、ささやかながらも豊かさを享受すれば、自然と柔和な気分になるもんだ。逸品というものは、きっと柔和な気分を生み出すものだろうな。

コロナ禍の制約のなかで、思い切ったことが出来ない不完全燃焼状態にあって、なおさら癒やし系の逸品の出現は希求されておるだろう。

 

皆様の良き逸品との出会いを願う次第であります。

 

ちょうど一年前の我家の藤・・・こんな感じでしたな。以下のリンクをご覧くだされ!

etsuro1.hatenablog.com