Etsuro1のブログ

関東南部で寝起きする四捨五入して還暦男の、適当な言語の羅列記録・自称乱学者

ラベルのデザインが・・・美味なお化け酒だねぇ

f:id:Etsuro1:20201122175731j:plain

杉錦 ひやおろし

「生モト仕込 純米杉錦 ひやおろし」・・・”ひやおろし”であるから秋あがりの酒であるな。これは非常に呑みやすい酒であった。で、この一升瓶には裏ラベルがないのである。ということで、スペックは不明であるが・・・概ね7号酵母系の香りと思われるので、「協会701酵母(7号の泡なし)」が使われているのだろう。米はどうだろうか?山田錦のクセを軽くした雰囲気からして「誉富士」が予測されるが・・・特徴がちょっと弱いのであるな。ということで、麹米が誉富士、掛米は別のナニか?っていうパターンであろうか?精米歩合は70%?日本酒度はソコソコ辛めであり、+10は行かないけれど・・・+6~8位であろうか?酸度も、杉井酒造の中では高めの方ではないと思われるので、1.5前後であろうか?

というテースティングによる推定値である。

ま、ソコソコ熱めの燗もよし、室温もよし!ではあるが、やっぱりちょっと燗つけた方がより豊かな香味が楽しめますな。

しっかし・・・綺麗な生モト酒であるな。

 

さて、この酒の問題点はただ一つある・・・それはラベルのデザインだな。なんか、こう・・・お化け屋敷みたいだろう。「ひやおろし」の書体がそう思わせるのだろうか?そもそもラベルのベースが”紫”で、金文字っていうのが、そう思わせるんだろうか?渋めの赤文字というのも悩ましいところだな。

ま、とにかくお化けは真夏と相場が決まっていると思いきや、秋になって旨い酒というカタチで目前に現れたな。これはとても美味なお化けであるぞ!

ひやおろし

ひやおそろし~旨酒!