Etsuro1のブログ

関東南部で寝起きする四捨五入して還暦男の、適当な言語の羅列記録・自称乱学者

ハナカンザシも加わる

f:id:Etsuro1:20200224190613j:plain

卓上のネモフィラとハナカンザシだねぇ

ネモフィラの基本情報というやつを調べてみた。

出典は「みんなの趣味の園芸 NHK出版」で、学名はNemophila っていうのはそのまんまだが、和名がルリカラクサ(瑠璃唐草)っていうのが、かなり美しの業って思えないか?どうやら18種あるらしい。

と、まあ・・・こういったことを書くともっともらしくなるような気がするんだが、それが分かったところで、この花の何が分かったというのだろうか?やはり知識以上に感覚的に受け止めるというリアリティが必要なんだね。それには花に話しかけてみるのがいいかもしれない・・・

しかーし!ネモフィラからするとキモイおやじにしか見えないかもしれない・・・ご近所からはついに気が狂った、と思われるかもしれないから止めておこう。というわけでネモフィラのファンが多いというのが納得出来るね。感情移入しやすい花の一つだな。

 

そしてハナカンザシだ。この画像では脇役なのでピンがきていないが、そのうち主役で撮影を試みてみたいねぇ・・・そのうち、いい瞬間があらわれるだろうから、それを待ってみようと思う。この”待ち”がある意味で対話っていう感じがするんだね。

 

今日は、ネモフィラを眺めながら祖父母の話を思い出していたんだが、我がご先祖はスペイン風邪で跡取り息子を失って、大変なことになったそうな。詳細を聞きたくても「それはそれは酷かったぁ・・・酷かった・・・もう嫌だ」しか語ってくれなかったなぁ・・・

 

だが、祖父母が「決して侮るな!冷静に耐えよ!必ず過ぎ去る」と、あの世から言っているような気がするんだなぁ・・・そうやって戦争も生き抜いてきたのが明治生れの人たちだったんだからなぁ・・・

数日耐えればいいならば、酒飲んで寝ちゃうのもテなんだけどなぁ・・・