Etsuro1のブログ

関東南部で寝起きする四捨五入して還暦男の、適当な言語の羅列記録・自称乱学者

ワイン

土作りが作物の香味に影響を及ぼすコトについて・・・あの人はたぶん波多野公介さんだったんだろうなぁ

「おいしい〈日本茶〉がのみたい 波多野公介 著 PHP研究所」この本に書かれた内容からして、行きつけの喫茶店で何度か話した方ではないかと思っておる。

藤の開花もカウントダウンではなく、開花しましたな・・・祝 イースター!

復活日、つまりイースターですな。キリスト教徒でなければ、な~んの実感もない祭日でございます。が、秋に大騒ぎとなる化け物パンプキン祭りがな~んの所縁もない国で大騒ぎになったもんだから、なんとかイースターも商機にしたいと考えておったみたいです…

ALA・・・本当にアラアララ・・・ナナマンヨンセンエン

1本で74,000円見当のワインを探すと・・・ VOSNE ROMANEE 1ER CRU AUX BRULEES 2018 74,800円(税込) エノテカのサイトで在庫切れ、ということだ。 ま、これを一人で飲みきるということは・・・時間を掛ければ充分に可能だな。 でもねぇ・・・これをEtsuro1…

Rubaiyat Rouge 2016

まさしくシルキータッチです 今までに行ったことのない酒販店に行ってみた。それは神奈川県秦野市の日立製作所の近くにある店だ。中に入ると「丹沢山」「隆」そして「綿屋」も冷蔵庫に並んでいる。そして振り返ってみるとルバイヤートがある。Etsuro1にとっ…

ルバイヤート甲州シュールリー 2018 勝沼町産甲州種ぶどう100%使用・・・それって兵庫県産山田錦100%使用みたいな感じかな?

ルバイヤート甲州シュールリー 2018 当ブログ2020年7月6日「由来・・・気になるねぇ・・・そして本来のパフォーマンス」で書いた「ルバイヤート甲州シュールリー 2018」、最近になって再び蔵直で取り寄せたんだが、熟成ということなんだろう・・・香味に以前…

工作がまた始まった

またまた始まりました 我が家の廊下の曲がり角に、自作の三角棚があるのだ。これはイイ出来だと常々自画自賛しておるのだが、全高1820mmという材料の寸法のままで終わっており、未完成なのだ。天井までくっつく棚にすることで、地震の時の転倒防止になるわけ…

Pouchaud-Larquey 2012・・・BORDEAUXだねぇ~

昨日が立春だったため、どうも今日という日が調子狂うというか・・・つい立春のような気分になってしまう。昨年の2月4日、立春をタイミングにこのブログを始めた・・・画像は梅の花で、タイトルは「ブログテスト_Etsuro1」だ。まさに三行しか文章がないとい…

デラウェアの美味なるワイン・・・ルバイヤートはいいねぇ

デラウェアのワインですな 例によって山梨県のルバイヤートですな。先週、いろいろ取り混ぜて6本送ってもらいましたな。ま、箱がね、半ダース入って丁度いいわけで、出来るだけ6の倍数で送ってもらおうと考える訳だな。 さて、デラウェアの白ワインでござい…

トゥリガフランセーザ、トゥリガナショナル、ティンタロリス・・・ナンじゃあ~ソレ?

明らかな感染拡大模様の最中、年末年始の様々な誘惑に打ち勝つ強い心を持った人・・・それが模範的な大人というもんだろう。一方、政治家の仕事は人と会うことであり、会食というのはそのための重要な方法である・・・ということらしい。確かに外見からの政…

旨酒文化を守りたい・・・もちろん人命が第一だけど

ワイン・・・欧州の産地も大変だろうな ニュースでやっていたんだが、何処かの酒蔵は杜氏さんを呼べないのだそうな。新型コロナの為に岩手県から呼べない、という話しみたいだから・・・南部杜氏さんなんだな。それで蔵の人間で新酒を仕込んだそうだ。リモー…

存外・・・世の中は感謝に満ちている・・・かも

今週のお題「感謝したいこと」・・・ありがたやありがたや・・・というのがはてなブログからの問題提起であるな。 「感謝」といえば、古くは”とんねるず”における、若干屈んだ姿勢で片手をシェイクしながらカンシャ、カンシャ、カンシャ」ってぇヤツですかな…

オーガニック・ワイン・・・ハズレを掴みたくなかったらMAVIEで買えばよい

数週間前に呑んだワインですな 仏ロワール・・・えらく若い頃に早足で通り過ぎたロワールでしたなぁ・・・夏だったねぇ。葡萄の実はまだ熟してはいなかったが、綺麗な葡萄畑であったな。山梨県勝沼で見慣れていた棚仕立てではないからねぇ・・・これがまた、…

ものづくりには、思想が大切なんだなぁ・・・

旨赤ワイン 「酒」というとマイナスの問題もあるのだが・・・代表格はアル中と飲酒運転という社会的大問題だな。 一人しかいない文字通り海上の孤島、もしくは陸の孤島という場合もあるが、その中でヘベレケに呑んでクルマを運転しようと、誰にも迷惑を掛け…

万力を飲んじまった・・・こりゃあ大変だ!

万力・・・? ”万力”と聞けば、工具の万力を思い浮かべるのが普通かな?このワインは勝沼の丸藤葡萄酒工業株式会社へ伺って買い求めたものだな。だいぶセラーで寝ていたものを先週末に開けた。お勧めの品だっただけに、とても素晴らしい週末を過ごすことが出…

暑い・・・車外温度42℃!ああCAVAだねぇ・・・

駐車してあった車に乗り込む・・・エンジンを始動するとエアコン全開だが、車外温度42℃という表示だ。走り出すと下がってきて、それでも38℃だねぇ・・・もう、暦のうえでは秋なので、残暑お見舞い申し上げます・・・だねぇ。 残暑厳しき折、益々ご健勝のこと…

イタリア旅行が出来ないなら、飲んでしまえばいいじゃあないか!

これは美味い!もう、何本飲んだことか・・・ ”Barbera d'Asti DOC”・・・イタリアはピエモンテ州アスティ県の何処か、ってえことのようだねぇ・・・”Monferrato” ってえのは、概ねアレッサンドリア県に隣接している地域ということだろうか?調べると美しい…

新型コロナ感染症の症状二燗して・・・もう、変換が可笑しいよねぇ

ラベル買いしそうな感じだねぇ・・・ ”新型コロナ感染症の症状二燗して” 酒のことばかり書いていたら、上記のような変換をしおったわ!こちらの変換状態を反映するようにIMEがやっておるんだろうが・・・まさかAiってぇ程のもんではないんだろうが・・・もう…

切れ味鋭い銘レンズ・・・ならぬソービニヨン・ブラン・・・でも今晩は”丹沢山”だねぇ~

都合の良いことを探してしまうのは人情であるな。しかし、都合の良いことばかりではなく、むしろ不都合なことへの対処が学べる点多きかなぁ・・・ということで、昨今の世の中的ドタバタは全く人類にとって不都合なことばかりだが、ここからナニを学んで展開…

有機無農薬・・・下手やると無能役になりますな、草ボーボーの価値

オーガニック・ワインと称するものの中には困ったちゃんもあるねぇ・・・もっともオーガニックっていうことと美味いということが完全一致する訳じゃないからな。これは全ての食品に共通するだろうね。 虫食い穴と、農薬負けの穴では、穴は穴でも微妙に異なる…

由来・・・気になるねぇ・・・そして本来のパフォーマンス

ワインは保存食でもあった。冬、ワインに含まれるミネラル類が野菜不足を補ったヨーロッパでは、生存していくために必要なものだった。かのJ.S.Bachのギャラにおいても、ワイン樽の支給に関する資料が残っているという・・・まあ、こんな風に書いてみると、…

四行詩・・・ミクダリハンではないよ(カタカナで書くとフビライハンの兄弟かと思うねぇ)

この段ボールが棄て難い・・・ 「岩波文庫 (32-783-1) ルバイヤート オマル・ハイヤーム 作 小川亮作 訳」が手元にあるんだが・・・まあ、様々な翻訳があるようで、そのあたりをほじくり始めると大変なことになるな。それはそれで興味深いところはあるけどね…

今頃です・・・うひひ

晴れながらも粉っぽい光が注いだ本日の朝、嫌な予感通りに昼頃には喉や目が僅かにしみるような感覚を覚えたな。調べればPM2.5もオキシダント濃度も黄色信号状態だ。環境問題が騒がれるようになったくせに、大気汚染は現状から改善している様子はないね。ハイ…

スーパーマーケットで入手できるワイン・・・明日、黄砂が飛来するらしいねぇ・・・

これは有り難いワインですなぁ・・・ お高いワインではない・・・一応コルク栓で、1000円以上2000円未満で一番安定していて安心して飲める赤ワインの一つだとおもうんですがねぇ~あちこちのスーパーやデパ地下で見かけるよね。もっとも、コンビニでは見たこ…

い~ワインとトーハクBlogのい~言葉・・・だねぇ

報道によると、加藤厚労相は、PCR検査の目安を見直す意向を明らかにしたらしい。その中に”強い倦怠感”という表現を盛り込むということだが、Etsuro1はここ数年来、毎日が倦怠感とのお付き合いだなぁ・・・そう考えると、既に数年前から新型コロナに罹りっぱ…